河原子八景
  江戸時代、水戸八景に倣って当地の史家によって選定されたと言われ、当時の人に親しまれていた。  時代の流れと共に、当時の情景も失われているものが多いのは、残念なことである。  〈河原子八景〉は、以下に挙げるものであるが、順を追って、その由来に触れながらご紹介していきます。
◎ 津の宮帰帆 ◎ 梶沢の青嵐
◎ 孫沢の夜雨 ◎ 日向の夕照
◎ 田名保の落雁 ◎ 那知の晩鐘
◎ 新地の秋月 ◎東福寺の暮雪
 《神社・寺院・史蹟》へ
 (河原子トップ)   (きららトップ