河原子八景・新地の秋月

 《新地の秋月(あらちのしゅうげつ)》
  河原子海岸南浜の高台に建つ波切不動尊は、太平洋 が一望できる景勝地である。  
秋の夜、ただ茫々とした太平洋の海原に満月の映ずる のを波切不動尊から眺める情景である。 
 前出の、宮田破魔太郎は、この情景を次のように詠んでいる
さやかなる 月の光に 不動より
                     詠めてあかぬ 秋の夜半かな
 次《東福寺の暮雪》へ  《河原子八景》へ  《神社・寺院・史蹟》へ