河原子八景・田名保の落雁
 《田名保の落雁(たなぼのらくがん)》
   現在の、東福寺辺りから河原子小学校付近一帯を田名保 と呼び、ここから西の方角の雁が飛ぶ情景をめでたもので ある。         一方、「田名保」とは〈田んぼ〉のことであり、田名保 の高台から西方に広がる〈田んぼ〉は、秋風に黄金色にな びく広野となり、この光景は当時の人たちの誇りでもあっ たようである。 
 前出の、宮田破魔太郎は、この「落雁」と「田んぼ」を併せ、次のように詠んでいる。  

大空に友呼び交わし来る雁の
                  棚穂におつる 夕月夜かな
 
次《那知の晩鐘》へ  《河原子八景》へ  《神社・寺院・史蹟》へ