ウミウ捕獲 
 日立市には全国の鵜飼い地、12カ所に毎年40羽ほどのウミウを捕獲して供給する日本唯一の地があり、ウミウ捕獲の文化が江戸時代から継承されています。ウミウ捕獲は4~6月と10~12月の年2回行われますが、捕獲には「おとり」として5羽ほどウミウが使われます。鵜のパラダイスは国民宿舎「鵜の岬」がある伊師浜国民休養地にあり、そこに「おとり」となるウミウが飼われています。
            継承される鵜飼い   2007年 (平成19年) 5月
            鵜取り場見学記     2007年 (平成19年) 4月
  日立の伝統文化TOPへ戻る      きららTOPへ戻る