滑川八景

5.清水の帰帆


     真帆白く 海は碧に ゆう映えて
           すめる清水に かえるつりふね

 小幡の海岸は海沿いに清水浜があります。昔は白砂青砂の渚が崖の下に続いていて、 漁船が出入りしていたそうです。
「清水浜の上の崖のからみていると、紺碧の海ははや夕映えの気配がただよい、 白い帆をあげた釣り舟が港を目指して帰ってくるのが見える」 というのどかな夕景が見えたのでしょう。
下の左の写真はバイパス工事中の海岸、右は完成後の姿です。 清水浜の姿は見えなくなってしまいました。


バイパス工事中                     工事完成後



6.海雲山の晩鐘


     花惜しむ 人の家路を いそぐかな
            海雲山の 夕暮れの鐘

 国道6号線の滑川陸橋の交差点から滑川浜方面に 折れると、東側の小高い丘に海雲山観音院があります。
ここには柱に龍の彫刻がある見事な鐘楼があり、滑川のみならず田尻・宮田・小木津などに檀家が たくさんあります。
「夕暮れの中、時を告げる鐘の音を聞くと、人々は 家路に急ぎ、夕餉の膳を囲みながら昼間に見た桜の 美しさを語り合う。静かに静かに夜は更けていく。」 という情景が鐘楼から流れる鐘の音を聞くうちに 思い浮かびます。

烏ヶ沢の夜雨



滑川八景へ /  滑川ウォッチングへ /戻る