制作・編集
川崎靖雄(滑川公民館)、田中昭(相田町)
(平成9年制作・13年・23年6月見直し)




★1.滑川地区の位置
滑川(なめかわ)地区は東に太平洋、西に神峰山を望む日立市北部にあり、滑川小学校を中心として滑川本町(1−5丁目)、滑川町(1−3丁目) 東滑川町(1−5丁目)、そしてかみあい町 (1−3丁目) の4つの町があります。(右図)
その北は田尻学区、南には宮田学区があります。滑川村は寛永16(1639)年に田尻村から分かれたといい、「新編常陸国誌」には「奈米加波」と呼ぶと記されています。

主な施設として、滑川小学校・滑川中学校滑川交流センター・市民広場、そして公設市場などがあり、 中央部をJR常磐線と国道6号線が走っています。
西部の山地には神峰山・鞍掛山があり、その下に 鞍掛霊園「日立 ゴルフクラブ」がひろがっています。
常磐線を挟んで山側を滑川丘(左下図)、また海側を滑川浜(右下図)と呼んでいます。

★2.滑川ウォッチングマップ
滑川地区の史跡・景勝や伝説民話をまとめた「滑川ウォッチング」が平成4年3月に 「滑川地区市民運動実践会」によって発行されました。
裏面には地区のウォッチングモデルコ−スを記したコミュニティマップが掲載 されています。

★3.滑川ウォッチングコ−ス  
「滑川ウォッチング景勝・史跡めぐり」という小冊子が、滑川公民館開館5周年記念として発行され、これに滑川ウォッチングのモデルコ−スが紹介されています。 これには他に江戸末期に制定されたという、「滑川八景」も紹介されています。
みなさんも歩いてみませんか。

★ 次 滑川ウォッチングマップ

私の散歩道 / きららホームページ(表紙)へ戻る