あなたは人目の訪問者です。
田中 昭
助川海防城は、9代水戸藩主徳川斉昭によって天保7年(1836年)に築かれた海防目的の平山城で、
現在の日立市立助川小学校から太平山にかけて位置していました。(左は本丸跡付近の写真)。
平成10年6月、日本に2ヶ所しかない海防城のひとつであるこの史跡を保存し後世に伝えるため、「助川海防城跡保全会」(TEL: 0294 (23) 0955)(鈴木茂男会長・大貫幸男事務局長)が発足しました。そして、城跡の保存・整備・復元や 勉強会・交流会などを通じて、全日立市民や山野辺氏の故郷である 山形県山辺町をはじめとする関係者の皆さんへアピ−ルすると共に、全国にもPRしています。
斉昭の時代には、鎖国をしていた江戸幕府にたいしてロシア・イギリス・アメリカなどの船がしばしば日本近海に現れ、開国を迫っていました。
これに対して斉昭は尊王攘夷を唱え、海防の急務を力説し、築城の願いを幕府に申し出ました。
一国一城の令があるため、古城田手沼館(たてぬまのやかた)に家老山野辺家の屋敷を移すという名目で本格的な城を築きあげたもので 、当時は助川館と呼ばれました。
(左は当時の城の絵に彩色したものです)。

なお、このペ−ジの背景は、保全会のシンボルである
「はと石」の拓本から取っています。
左のアイコンをクリックするとここの四季の風景が見られます。

この城の主山野辺義観(よしみ)は海防惣司に任ぜられ、 以後幕末にいたるまで3代に亘って海防の充実を図りました。 しかし、元治元年(1864年)天狗諸生の乱に巻き 込まれ、血に染まる悲劇の場となった海防城は同年9月 ついに落城し、28年間の幕を閉じました。 左の写真は、明治天皇の宮内大臣田中光顕伯がここを 訪れて詠んだ歌

「そそり立ちし 城はあらねど 築きつる 人の功は とわに残りて」

 を刻んだ記念碑です。  
なお、 大洗にある「幕末と明治の博物館」は田中光顕伯の設立した 「常陽明治記念館」が母体となって 平成7年にオ−プンしたものです。

助川海防城の地図
  1.助川城跡公園
  2.山野辺家墓地
  3.山野辺家臣墓地
  助川城跡公園は、日立駅発日立電鉄バス 城南台行きに乗り、「鳩ヶ丘」で降りるか、ほかの路線で 「日立病院前」で  降り、 太陽の家の傍の坂を 登ると行けます。

戻る)