日立のいま、2018
日立市の水田面積率は71.2%もあり、4つの棚田の存在もこの数値を支えています。
本年は日立市の棚田の四季折々の姿をご紹介します。
    水田面積率(水田面積/耕地面積、平成29年)
       日立市 71.2%
       茨城県 58.1%
       全国   54.4%
戦後の農作業に新しい農機具が導入され、さらに道路の拡張工事に伴なう圃場の区画整理も行われました。日立市の棚田も一般水田と同様に、この圃場整備が遂行されました。このような背景があり棚田特有の農作業の不便さはありましたが、棚田で獲れる米の美味しさや、棚田の環境が長閑であることなどから、棚田は守られてきました。
          (取材メンバー : 内藤達郎、菊池誠、近藤恵美、宇梶秀夫)  
 油ヶ崎の棚田 大内の棚田
 悦子平の棚田 牛蒡平の棚田
日立のいま、2017 ヘ  棚田マップ 
 きららトップページへ