しおさい

    シニア健康センター”しおさい”  

 この施設は日立電鉄鮎川駅の東側に面し”しおさい”の音が聞こえる閑静な場所にあります。 病院で治療するよりもリハビリを必要とし、日常の世話が難しくなった方々の為に質の高い介護とリハビリテーション を行い、心身共に元気になって家庭に戻る為の施設です。

 民間の健康組合が建設した全国で2番目の老人健康施設で 事業の基本計画から運営・メンテナンスまで一貫体制で日立 グループがサポートし、多賀病院・日立病院との連携を密に しています。
 敷地面積は12,382uに及び、歩行訓練用の散歩コース、菜園 や花壇など趣味を生かせるスペースも用意されています。 建物は高齢者にやさしい低層(2階建)とし、全室(100室)を 個室としプライバシーを確保。また、痴呆症の方を配慮して 回廊式の廊下に沿って25部屋が配置され1つの介護単位を 形成し、職員・サービスステーション・食堂なども各単位で 配置されている。
 
 いろいろな情報を有機的に結びつけ、それを有効に活用する 結合情報システム。一人一人の症状に合わせた、リラクゼー ションシステム・歩行リハビリテ−ション機器や理学・作業 療法を通し、自立をバックアップし、入所者に対し「安心で きる介護環境」と「キメ細かなケアとコミニュケーション」 を実現させています。  サービス内容は3ヶ月以内を目安とした入所サービス 2週間以内の短所入所(ショートスティ)、週に1〜数日 程度の通所(ディケア)があります。

siosa06.jpg (10460 バイト)

siosa09.jpg (14302 バイト)

siosa11.jpg (13849 バイト)

siosa14.jpg (10889 バイト)

福祉施設に戻る)  (油縄子の目次に戻る