川尻八景2. 松崎の仙郷


 海鵜渡来地から蚕養神社までの道は松林に囲まれ潮の香りが漂い風光は絶妙です。
小貝浜の北側の松林の中に、直径50M、深さ30Mほどの巨大な海蝕洞があります。
ここは「八幡太郎義家の馬の足跡」と呼ばれています。
今は安全のために周囲が 柵で囲われてしまい、底を見ることはできませんが、潮吹き穴から波が入り込む 度に波涛の響きが地底から聞こえてきます。
ここから鳥島を介して鵜の岬を眺めることができます。


北側の松林                鳥島

「川尻二見」



川尻八景へ戻る