諏訪のあらまし


  諏訪は日立市のほぼ中央に位置し、鮎川(昔は諏訪川と呼ばれた)に沿う地域です。

 縄文時代から人々が住み、天平時代(八世紀)は久慈郡密月郷に属していたようですが、
                                    
 その後十二世紀初頭まではその地名すらも明らかではありません。

  平安時代末期、藤原秀郷の子孫・小野崎氏が佐竹の一族に組して、天承元年(1131)に

 は小野崎氏の支配を受け、金砂合戦以後も引き続き支配の実権を持っていたようです。
 
  建長(1250)信州諏訪大神宮神官・藤原高利が、諏訪神社を勧請した時の鎌倉幕府将軍

 は北条泰時、地頭は宇佐美氏で、幕府の荒野新田の開発督促にこたえたものと思われま

 す。(県史中世編P115)    

   明治以降、村々の統合・分割が行われましたが、鮎川に接する成沢村、油縄子村とは
      
 昔から縁が深かったようです。

  このように、諏訪は歴史も古く、諏訪神社や梅林などをはじめとする史跡や自然に恵ま

 れたまちです。

   それでは、皆さんを”諏訪の散歩道”にご案内いたしましょう。

トップページへ戻る 私の散歩道へ  きららホームページへ